たぴろぐ

☆目指すは歌って踊る税理士☆ 日商簿記1級・全経簿記上級・建設業経理士1級合格者でありワーキングマザーでもある女優・くにとうみゆき(通称:たっぴ)がお届けする超個人的なつぶやきブログ モットー:「夢を叶える方法、それは叶うまであきらめないこと」

2017/03    02« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

        
ど~も~!たっぴです。
すっかり冬ですね。
今年もあとすこしとなってきました。


ってことで。
毎年恒例の税理士試験結果報告でございます。


昨日発表があったわけですが、配達の関係で翌日になることも多かったのが、今回は発表当日に到着しておりました。

最近忙しくて、昨日もドップリ残業して帰宅。
郵便物をチェックしたら見当たらなかったので、その後はぼや~っと過ごし、改めて郵便物を見たら床に落下してたのを発見w


なんだ~、届いてたわ!!

と、急にソワソワしつつ、開封の儀。



で。


簿記論 合格27
財務諸表論 不合格A


はい。
簿記論合格、いただきました!!!
やったっっっ!!!
長かった~~~~~!

でも、財表はA落ち。
あ~、やっちまった。
またAもらっちゃった。

ということで。
平成23年の第61回から受け続け、今回でやっと簿記論ゲットとなりました。

日商簿記1級の時も辛かったけど、税理士試験はホントに辛い…


それでも。
最初の一歩を踏み出せました。
やっとスタートしました。
もう41歳。
今更な感じだけど、このまま進んでいきます。


来年は財表と消費。
2科目やらないで一つに絞るべきだとは思いますが、当分は消費を続け、直前期で財表対策して受験はします。
受験しなかったら絶対後悔するから。

にしても、財表と消費は組み合わせが悪すぎるな~w
簿記がないだけでもありがたいか。



それから、来年の試験日程も出てますね。
8月9日~11日らしい。

っていうか、8月11日って来年から「山の日」だよね。
祝日なんですけど。
3日目は受験者少ないからやるのかな?
でも、天下の国税庁さんが祝日にお仕事するのかしら?
って思わずにいられないwww

なので、この日程は変更になるんじゃないかな。
2日~4日、または16日~18日でいいじゃんね。
これは4月の公告まで油断できませぬ。

ってことで。
これからもがんばりますっ!!


最近は職場での業務量が増えてきまして。
今月もそこそこ重たいお仕事の担当となったおかげで、仕事に没頭することが多くなりました。
帰宅後は、パソコンの使い過ぎか右手がビリビリ…
また、昨年相続受験を経験したことで、新たな相続業務のお手伝いの話が来たのですが、状況的に無理と判断して断ってしまい、ホントに申し訳ないかぎり。
パーマンのコピーロボットが欲しいくらいww
これからが繁忙期なのに、今からこんなんでどうすんじゃ!って思うのですが。

ま、よーするに。
勉強がおろそかになっています(゚∀゚)
発表前でソワソワ感も半端無かったし。




いかんいかん!!!


言い訳せず、気合い入れ直しです。
仕事も家庭も勉強も、超本気モードで頑張っていきます!!!
せっかく簿記論合格したんだから、ね。
がんばらねば。



ってことで。
これまで応援していただいた皆様、これまで温かく見守ってくださり本当にありがとうございました。
なんとか合格を一つもらうことができました。
まだまだ遠い道のりですが、一つ一つ積み重ねていきますので、これからもよろしくお願いします!!!

自分、ふぁいと~!お~!!!

拍手[5回]

PR
        
さてさて。

この数日間で各資格学校が解答速報を公表したり、解説動画をUPしております。
初めて簿記論がまともに自己採点できるなんて~
これまで試験後の解答復元はやらず、自分が解いた感覚とか、書き残した数値でなんとなく判断してました。
財表はやっぱり無理かな。
現金預金あってたし、減損もリースもあってたし、注記は数字部分はいくつか書いたレベル、他にちらほら正答出してるみたいなので、半分くらいは取れてるんじゃないか…って感じです。

で。
簿記論は詳細に。


第1問 25点
第2問 14点~16点(圧縮記帳の仕訳に税効果も含めたのでバラつきあり)
第3問 31点~32点

合計 69点~73点


あらら?
これってもしかしたら、もしかすると…???

第1問は全問正解でなくちゃダメだと思われ。
合っててよかった、ひとまずホッとしました。
第2問の分配可能額3つの内、最初と最後が合っていたw
最初はヨシとして、2つ目不正解なのに最後が合ってたとは…!!!
配点ください(人∀・)タノム


財表

第1問 18点前後…くらい?
番号や記号選択問題では投資損失引当金だけ間違い、理論はTAC的回答でほぼ書いてきた。
第2問 10点前後…くらいかな?穴埋め3つと正誤問題は正解、論述はやはりTAC的回答だけどうまく書けてない気がするので厳しめ。
第3問 半分の25点、と仮定。

合計 50点~55点くらい?


う~む。
どうなんでしょ。


ちなみに、TACでは簿記論ボーダー57点・合格確実67点、財表ボーダー46点~54点・合格確実55点らしいです。


財表は計算ではあまり差がつかないイメージで、理論で差が付けられる気がします。
私、変なこと書きなぐってるかもしれないし。
全くもってボーダーと言われるところにいるかどうかさえわかりません。

簿記論はこれで不合格だとホント向いてないってなりますな。
でも、試験中の恐怖感、半端無かった…
今回の問題は、日商簿記1級みたいな感じ。
全部手を付けられる分量だし、もしかしたら完全解答できた人もいるかもしれないって思いました。
まさかの簿記論100点満点。いるんじゃないかな、きっと。

なので、正直、もっと高いところで線引される気がします。
合格率が13~14%あたりなら、簿記論は75点くらいがボーダーで、80点あたりで確実ではないかと。
TACのいうボーダー・確実ラインなら、合格率は20%超えると思われます。
過去5回受験してきたオバハンの超個人的な見解ですが。
私みたいな人が大多数でゴロゴロしてると思われ。
でも、自己採点で70点超えてて不合格だと受験者激減するでしょうから、合格率高くして欲しいです~


対して財表。
これも平均的なところにいる気がします。
合格率次第と思われます。
A落ちなら計算ミスが多かったとか、B落ちならやっぱり理論の勉強ができてないってところかな~。


まぁ、簿記論だけでもなんとか突破したいところです。
こんな神回、二度とない…

でもね、今回の簿記論問題、好きですよ。
基本中の基本を本試験でどれだけ忠実に表現できるか、文章を正しく読み取れるか、指示通りに回答できるかってことを聞かれた気がします。
コツコツ学んできた人の努力を裏切らない問題だったと思います。
毎回、これくらいの感じだといいんだけどな。

財表の理論も好き。
「完結に述べよ」もいいけど、「とにかく書いてみろ!勉強してきた成果をちゃんと読んでやるから!!」っていう試験委員の思いは感じました。
計算は意地悪すぎる。
これじゃ、税理士になろうという人がどんどん減っちゃうわ。
来年は受かりやすい問題になるかもね。


ってことで。
一旦ここでリセットです。
12月の合格発表まで気が気でないですが、なんとか科目合格もらえるように祈りつつ、次に進みます。


これまで溜め込んできた教材数年分を一気に廃棄しました。
全部積んだら自分の身長くらいになったw
市販教材はキレイに使ってきたので、古本屋さんに持っていきます。
会計人コースは毎回簿財と相続を切り取ってファイリングしていたので処分するしかないけど、しばらく手元に置いておこうと思います。

そうそう。
会計人コースの最新号の付録、これに助けられたんですよ。
圧縮記帳、わかってるつもりなのに凡ミスやらかすんですけど、この付録の問題に入ってたからしっかり確認できたし、その他資本剰余金の負の値の存在も思い出させてもらったし。
広い範囲をギュッと凝縮していて、簡単そうでそうでもなくちゃんとひねりがあって、5回転させても油断するとやられるので、緊張して一気に短い時間で1冊を終えられる、そんな良質な付録です。
凡ミス女王にとっては、最後にして最高の計算問題集でした。
来年向けに手に取られた方は、定期的にやっておくと良いかもしれませんね。
私も発表までにあと数回はやっておこうとおもってます。


あ~、合格報告できるといいなぁ~!
試験会場はやっぱり大学キャンパスがいいよ~!
もう幕張メッセとか横浜アリーナとかは勘弁して下さい、国税庁さま。

あと、試験日程はオリンピックを考慮しての変動かと思ってます。
来年も今回と同じなら、オリンピック終わるまではお盆明けになるんじゃないかな?
オリンピック前だと7月中に実施ってことになるし。
それはちょっと想定しづらい。
それに、会計士試験の論文試験と同じ週なので、論文受験者がわざわざ同じ週の税理士試験受けようとは思わないんじゃないかと。
正直、受けて欲しくないですよ。
だって、彼らは税理士が本命じゃないじゃん。
日商簿記1級の時も感じてました、腕試ししに来ないでくれ~って。
本命にしてる人間をよそに、腕試しで受けて分子に入られるのはたまらんよ。
まぁ、おかげで試験科目の存在をハイレベルで保っていられるのかもしれないけど。
落ちまくっている人間の戯言です、すんません。
ともあれ、お盆は勉強三昧になってもいいから、ずっと今回みたいな日程だといいなぁ。


以上、長々とつらつらと、試験を振り返ってみました。


来年は消費税法に挑戦するかもです。
相続も法人もやりたいけど、来年は娘が高校3年生で今回と同じような時間確保になると予測。
その次の年以降は、娘が進学して家を出る予定。
娘が独り立ちしたら、旦那さんには自分のご飯はなんとかしてもらって(笑)自分は学校に通えるんじゃないかと。
そう考えたら、確保できる時間は数年後の方が多いはず。
相続は職場で合格者が増えたので、最近はあんまり関わってないし(汗)
申告業務は社員さんたちがされるし。
実務で一番身近な知識として習得しておきたい消費が急浮上ってわけです。

まだわかりませんが。
今度LECにでも行って相談してみます。
特待生試験やるらしいし。

娘のアトピー悪化で金銭的にかなりヘビーな状況が続きそうなので、私事にあんまりお金掛けられないってこともある。
(ちなみに今は、カポジ水痘様発疹症しちゃって大変です…)

ただ、初学なので講義は受けたい。
そこのハードルを調整しなければ。
安い講義と会計人コースの活用で、なんとか来年の受験対策をしていこうと思います。


最後に。
毎回毎回不甲斐ない結果を出し続けてきました。
特に、40代に入ってからの計算力低下は半端ない。
もう時間がない、向いてない、いつ諦めるか。
そう思いながらも、なんとかしがみついてやってきました。
心が折れそうな時、日商簿記1級とか全経上級とかの検定試験を執念で合格してきた自分を思い出し、
腐るな、逃げるな、めげるな。
自信を持て!
ぶつかっていけ!
自分を信じろ!!
そう言い聞かせてやってきました。
こんな私にほんのちょっとでも可能性があるのなら、もう少しがんばってみようと思います。
思い描く未来と希望を持ち続けてもいいのなら、老化していく脳をバシバシ刺激して、続けてみようと思います。

家族にはたくさん迷惑かけました。
仕事で遅くなって晩ご飯が適当でも文句も言わず食べてくれて、晩ご飯のあとに毎晩のように家出をしても咎めることもなく、思うように勉強が進まなくてイライラしててもぶつかるわけでもなく、今思えばありがたい環境で過ごすことができました。
感謝しています。

職場では睡魔で負けそうになってても(いや、負けてるな、毎日w)見逃してもらい、休みの希望や電話当番の変更も受け入れてもらい、こうして無事に受験させてもらえて、感謝しています。

ブログ更新を怠っているのに気にかけてお声掛けいただく度に涙が出るほど嬉しいし、勉強SNSでたくさんの仲間達に励まされ、本当にありがたく思っています。

皆様、本当にありがとうございました。

これからも腐ることなく、前を向いて歩いていきます。
まだまだこの先も迷惑かけっぱなしだと思います。
もう少し、もう少しだけ、見守ってやってください。
必ず結果を出すと、改めて誓います。



ということで。
以上、今回の試験についてでした。



あ、来週は実家へ里帰りします。
旦那さんの舞台が25日の火曜日にあって、その翌日に飛行機でびゅ~ん。
でも、ちょうど台風が来るらしい…!!
台風に向かって飛行機が飛ぶかどうか、乞うご期待( ̄ー ̄)ニヤリ

拍手[7回]

        
さて。

前日に眠れなかったものの、受験当日の行動シュミレーションをやっていたおかげか、不安もなく、適度なハイテンションで簿記論受験開始。

まずは全体を確認。
何となく、量が少ない気がする…と思いつつ。


第1問 工事契約・ストックオプションの2題。

キター!と、誰もが心の中で叫んだはず。
それも、工事契約は仕訳穴埋め記述、ストックオプションは仕訳問題。

慎重過ぎるぐらい丁寧に問題文を読んだけど、どうも変な引掛けはない。
恐る恐るひと通りの答えを出して答案記入。

この時点で感じたことは「恐い、なんにも引っ掛けがない、恐ろしい…」

20分で終えて次へ。


第2問 会計上の変更・合併や配当、圧縮記帳の仕訳など・分配可能額


うわ~、分配可能額出たよww
ってくらいにしか思わず。
これは1級の頃から全然身につかない論点で、ずっと簿財学習でやってきたので、簿記論で出題されたことに対する違和感とかはありませんでした。
TACのオプション講座でも取り上げてたけど(って思ったけど、あれは財表対策だったのか…)、とにかく何度やっても無理な論点。
とりあえず、その他資本剰余金とその他利益剰余金が配当可能額で、他に自己株式の処分対価とかその他有価証券評価差額金のマイナスがあればそれを加味してやればいい。
多分、いきなり最終的な金額を答えさせないはず、のれん等調整額を出さないといけないなら捨てよう…とババババ~ッと頭の中を回転させ、問1から着手。

と思ったが、会計上の変更はちょっと面倒そうで解答箇所が2箇所だから次へ進む。
(で、結局空欄のままとなりましたw)

問2で配当とか合併とか圧縮記帳とかの仕訳~~~
慎重に問題を読み、慎重に仕訳を切る。

あれ?なんか簡単なんだけど…

第1問もそうだけど、第2問の問2もテキストの例題とかトレーニング問題レベル。
まじか!引っ掛けはないのか!!

みんな出来てる。
やっぱり不安…

で、いよいよ問3の分配可能額へ。

キタ!1つ目の分配可能額は単純。
次の仕訳問題も平易。
あ~、マジでどうしたんですか!?
って聞きたくなった。
まさにテキストレベル。
引っ掛けらしいものがない。

そして残りの分配可能額計算を2つ、これは捨てると決めたけど、せっかくなのでうろ覚え状態で電卓叩いて出した答えを書いて次へ。

ここまでで40分経過。
残り80分。


第3問。

現金勘定がないとか、土地再評価差額金があるとか~w
と思いつつ、全体確認するも、やっぱり量が少ない。
解きづらい感じもありつつ、コツコツと解答箇所を埋めていく。
最後の退職給付の計算を終えて答案に書く時、前払年金費用と退職給付引当金のどちらも解答要求になっているのに気が付き、間違っているのか!とわかったので仕切り直しするか他を確認するかで迷い、他を確認。
出した答えの転記漏れをやらかすので、漏らさず確認。
で、退職給付はそのままにしてしまった…
悔しいので「0」って書いといたw(結局ムダだったけど。。)

以上、終了~


自分でもビックリなくらい、手元の問題用紙や計算用紙に答えを残していました。
今までそんな余裕なかったのに。


そして次の財表へ。
全体をめくって、第3問の計算問題の冒頭でちょっとギョッとしまして。
「議決権の90%~」とか言ってるけど。。。
しかも、理論の答案用紙の記述欄が多すぎるものがある…(滝汗)

ってことで、理論問題から着手。


第1問 引当金
注解を書かせるのではなく、選択肢から選ぶ問題。
いろんな引当金の資産・負債選別。
そして、一言で答えられるような内容を9行で回答せよとは…!
これをみて、建設業経理士試験を思い出しました。
「ここに思いの丈をぶつけなさい、学んだことの全てをここに残しなさい」って言われてるような気がしました。
とにかく書くしかない。
一言でなんておわらせたらあかん、もったいない。
関連することを思い出し、つなげて作文カキカキ。
8行は書いたぞ。
その次の資産除去債務については、TACの教材でやったよって思った。
オプション講座、やってよかった…


第2問 減損・賃貸等不動産

減損、なんとか書いたぞ。
間違いを正せって問題は、全経上級の◯×を思い出しながら。
賃貸等不動産、穴埋めはなんとかひねり出し。
一つ、遊休資産って書いた後、資産じゃないや不動産だろ!と自分にツッコミ入れながら訂正。
最後の問いもしっかり作文。
今回は空欄箇所つくらなかったよ~
全部、吐き出してやった!!


第3問 計算問題


さて問題の第3問。
最初に目撃した衝撃は本当なのか、確かめるように慎重に作図しながら読み解く。
あ、連結じゃなかったやwwみたいな。
ちょっとホッとするも、少々前提条件がややこしくかいてある感じ。
そうか、注記をたくさん書かせるみたいだから、そこに影響するのか…
と思い、注記事項には色ペン使用決定。
問題量は多い感じ。
時間は80分ほどある。
大丈夫だ、慎重にやろう。
と、言い聞かせ、じっくりやってみる。

なんだかな~、メチャクチャ解きづらいじゃないか。
変な問題。
やりづらい。
簿記論みたい。

とか思いながらも、なんとか順番に電卓入れる。


でも、ページをめくる度に、焦り始める。
あかん、債権関係も商品も、時間かけたら駄目だ!

これは簿記論だ!と頭をシフトチェンジ。
拾えるところを拾う作戦へ。
減損、差入保証金の扱いがわからず、全部込みでやってみたら割り切れず…で、減損も拾えないのか?と思い、仕切り直して差入保証金外してみたら割り切れた!
よし、絶対これだ!!と答えを確定。
もうこの時点で残り時間があまりない。
他に拾えるところを探し出し、残り10分あたりで注記の記入ができてないところを拾ってカキカキ。
科目名まで全部入れられないよ~~!

と半泣き状態で終了~~~~~



あぁ、終わった。
チ~ン。。
かなり空欄あり。

でも、回収の時にチラリとよそに目をやってみると、第1問の9行作文が書けてない人がいたし、他の人もそんなに埋められている感じではなかった。
あんまり大差ないはず。。


ってことで、試験会場を後にしたのでした。



続く。

拍手[1回]

        
どぉ~もぉ~!たっぴです。
先日、無事に税理士試験の簿記論と財務諸表論を受験してきました。
娘のこととか、自分の体調とか勉強の進捗具合とか、色々と思うところがありましたが、こうして毎回当たり前のように受験を終えることができ、本当に感謝感謝です。


さて。
数日経過しましたが、ここらへんで振り返っておきます。

いつものごとく、長文になるので区切ります(汗)



今回で5回目の受験となる科目合格なしオバハンは、2回め受験の時から恒例となっている前泊を今回も決行。
前夜に家で落ち着いてなんていられませんよ、主婦ですもん。
まして朝が苦手で寝坊の危機感も半端ないですから、試験会場の近くで前日から待機するのも作戦の一つです。

場所は味の素スタジアム近くの宿。
雨が強く降ったり、止んでみたりを繰り返す中、14時頃にチェックイン。
そのまま引きこもって勉強…ではなく、毎度恒例の現地下見へ傘差しでGO!

徒歩15分くらいを想定してましたが、かなり距離を感じました(^^ゞ
普段から勉強ばかりで運動不足、そして毎回前夜は眠れないし、せっかくなので明るい間はお散歩タイムと割りきりました。
東京外国語大学まで15分、折り返してホテルからちょっと離れた場所にあるらしい「コメダ珈琲店」を目指して20分くらいテクテク。。
道中は理論マスターの音声を早回しで。
目的地に到着し、1時間ほど理論確認してお店を出て、ちょうど目の前にあるバス停を確認。

おおっ!大学前を通るバスがあるではないか!
8時12分発で20分頃着と予想、コメダは朝7時からオープン。
ってことは、当日の朝はモーニング勉強決定!!
と、ルンルン気分でホテル目指し10分くらい歩き、途中でスーパーに立ち寄って晩ご飯やら飲み物やらを購入し、お部屋に戻りました。

下見は大切ですね。
初めての幕張メッセの時は、最寄り駅とは違う駅前の宿にしたので下見せず、さらに寝坊して慌てて会場に向かうも、違う人の波にくっついて行ってしまい、ぜんぜん違うビルに吸い込まれそうになったことが…

ひとまず朝は早くチェックアウトして荷物を預けて、コメダで勉強してバスにのるぞ!
最悪、寝坊しても、走っていくさぁ~



と。
さすがに歩きまわって疲れたし、今夜はグッスリ眠れそうだ!と思いつつ、最後にやると決めていた教材をガリガリ回転。

ちなみに持参した教材は、会計人コース最新号の付録と、TACのオプション講座用教材、他、会計人コースの理論付録。
かなり少なめに選びました。
最新号の付録は来年度向けなんだけど、本試験まで使えるってあるし、やってみたらかなりよかったので、この日までに4回転やってました。
あとになって、この教材やって正解だったと痛感することに。

この日に5回転目を終え、気持よく入浴・就寝準備。
理論をザザッと確認し、いつもより早めにベッドへ。


するとね、疲れてぐったりしてるのに、まぁ眠れないったらありゃしない…

またか…!
またなのか…!!

枕が変わると…とは言うけれど、ここのところ枕は使ってなくてバスタオルを枕代わりに寝ていたから、問題無いと思っていたんだけどなぁ。

1時間おきぐらいにベッドから起き上がり、ベランダで喫煙(そーゆーホテルでした)したり、トイレに行ったり。
ぐっすり眠るためのサプリも持参した分を飲みきり、もう打つ手なしw
しょーがないので、翌日の行動をシュミレーションすること2回。
身体は休みたいと言っているのに、脳が覚醒しちゃって、途中で悲しくなってきましたよ。

寝付けたのは3時前くらいかなぁ。

んで、寝坊するかとおもいきや、目覚ましでスッキリお目覚め。
ババアの脳みそを3時間程度しか休めてないのは、正直終わったと思ったのでした。


が。
せっかく早く起きたし、予定通りにコメダ珈琲店へ。
一度でいいからモーニングをいただきたかったので、朝からテンション上がりました。

そして予定通りにバスに乗り、いい感じで会場着。


簿記も財表も、大学の会場内で一番広い部屋での受験でした。
簿記の時は後ろの辺、財表の時は前の方。
会場内の空調は受験生の熱気に負けている感じで結構暑かったですが、昨年の極寒会場を思えば全然マシ。

そして、5回目で初となる大学キャンパスでの受験が始まりました。


次へ続く。

拍手[1回]

        
ど~も!たっぴです。

ブログをサボりつつも、これまでコツコツと勉強を進めてきました。
で、いよいよ明日、税理士試験の1日目を迎えます。

今回は調布の大学キャンパスでの簿財受験となりました。
近いような遠いような…
ということで。
今回も前泊します。

今朝は大雨に負けそうになりましたが、午前中は毎日通っていた駅前のカフェに行って軽く問題を解いてきました。
雨もあがり、一足早く出発することにします。


簿財、今年取るしかないですよ、ホント。
会計センスが無いのも、向いてないのも承知の上。
ただ、諦めたくないだけの野郎デス。

ちなみに、今回はTAC・大原・LECの3校分の模試を教室や会場で受けてみました。
結果は気にせず、会場になれることだけを考えてのことです。
これまでの学習は、会計人コースをず~っとやってきて、TACやLECのミニ講座を受けてみました。
ちゃんとレベルを上げられたのかどうか、なんかあんまり手応えないです。
年齢を重ねるごとに感じる衰えを吹き飛ばし、精一杯戦ってきます。

さて。出発しますかね~
今夜はゆったり過ごして、明日はスッキリ爽快な気持ちで試験を受けてきます。
受験される皆様、頑張って参りましょう!!

拍手[3回]

        
ども!たっぴです。

昨日のダンスレッスンの帰りに疲労感がハンパなかったので、そのまま長年ちょくちょくお世話になっている整体院に行っちゃいました。
しっかりやってもらいましたが、今になってじんわりと筋肉痛が来ております。
でも、整体院に行かなかったら、ホントに動けなくなってたかも…
ちょっとずつ、ストレッチして身体を調整していこうと思います。



さて。

ここんところ、勉強とは無縁のネタばかりでしたが、やはりこれは書いておかないとね。
ということで。



おまえ、来年も税理士試験受けるのか?


はい、受験しますとも。

今のところ、全然懲りてません。
結果出せてないもん。
諦めの悪い性格ですんません。。。


そして、今回はほぼ独学決定です。


やっぱね、子供が高校生になるって大変だゎ。
公立でもお金必要だもんね。
母がガッツリ資格取得にお金かけるわけにはイカンのですよ。

ということで。
来年に向けて、ボチボチと始めているのが簿記論と相続税法です。

前回は直前期まで相続税法一本で勝負してました。
直前期から簿記論と財務諸表論を始めましたが、本命はあくまでも相続のつもりで最後までやってました。

今回は簿記論と相続税法の2科目をやりつつ、結果を待とうと思います。


独学ということなら…と、思いついたのが、会計人コース。
以前からちょくちょく購入していましたが、ついに毎月購入することに決めました。


が、まだ1年ほどしか勉強していない相続税法に関しては知識の定着度は不安です。
そこで、相続税法については産業能率大学プロカレッジさんが提携しているTACの教材を使用することにしました。
むか~し、法人やろう!と決めた時に利用したことがあります。

とにかく安くて最低限の教材がセットになっているので、他の選択肢は思い浮かびませんでしたねぇ。。。
先日予約したので、今月末までには第1弾が到着する予定です。
それまでは基本書読んだり、理論の確認や録音をしているところです。


簿記論に関しては、とりあえず会計人コースの連載に従って購入したテキストを読んだり設問を解いたり、付録の仕訳問題やったりしてました。
が、やっぱりガッツリ問題解きたいので、TACの割引キャンペーンを待って基礎編の問題集セットを購入し、やっとこさ手に入れたところです。


とりあえず12月までは会計人コースをベースに、簿記論は問題演習、相続税法はひと通り回すようにやっていこうと思ってます。


財務諸表論は、結果が出るまで温めておくことにします。


昨年、一昨年と、LECの通信講座を受講しましたが、やっぱり全部パックになってると楽ちんですね。
でも、自分で計画をたてるのも苦ではありません。
教室での受講は、通うだけで満足しちゃいそう。。
授業がない分、演習をしっかりやっていこうと思います。




とはいえ。
せっかく到着した簿記論問題集をよそに、ついドラマみちゃいました。
昼顔の最終回~
う~ん、私には無理な世界だゎ。
テレビのバカ野郎っ!!


先が思いやられますな。
が、がんばりますっ!!!

拍手[2回]

        
ごあいさつ
  • ♪遊びに来てくれてアリガトウ♪

    日々の学習

    日々の出来事

    娘の成長などなど

    気ままに書いてます

    (役者稼業は現在充電中)
    ☆まったりしてってください☆

    ☆保有資格☆
    税理士科目 簿記論
    日商簿記1級・2級・3級
    全経簿記上級
    建設業経理士1級・3級
    (登録建設業経理士)
    FP3級
    FP2級

    ☆学習中☆
    税理士 財務諸表論・消費税法

    遊びに来たよ!と

    お知らせいただくと嬉しいです

    足跡帳にコメントどうぞ♪



プロフィール
  • 管理人:
    くにとう みゆき 通称:たっぴ
    年齢:
    42
    性別:
    女性
    誕生日:
    1974/05/10
    自己紹介:
    旦那さまは役者稼業
    娘は今やジョシコーセイ。
    そしてワタシは…


    管理人:たっぴについて

カレンダー
  • 02 2017/03 04
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31

メッセージ
  • 管理人:たっぴへのご連絡はこちらからどうぞ
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最新コメント
アーカイブ
| HOME
Copyright ©  -- たぴろぐ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]